カンボジア ~トンレサップ湖の回答編

ご訪問ありがとうございます。

さて、カンボジア~トンレサップ湖の謎編の答えです
皆さま、ご回答にご協力いただきありがとうございました

私「ガイドさん~この子いくつ~」
ガ「18歳だよ~」

・・・・18??

・・・・・じゅうはちぃ~\(◎o◎)/!

私「12、3歳かと思ったわ~」
ガ「アジア人は若くみえるからねぇ~」

・・・私もアジア人だよ~ん(*¬д¬)

いくら、アジア人が若く見えるって言ってもねぇ・・・
しかも、そう見えるのは欧米人から見た感じやん!!

というわけで、nekomocaさんがニアピン賞でした。おめでと~
しかも、素敵なストーリー付き。最高です(^◇^)

トンレサップ湖は、とてもにごっていました。しかし、この湖は生活には欠かせない湖です。
船で、目的地(養殖場かなと思うけどさだかではない)に向かう途中、普通の生活を見ることができます。
ton1

住居だけでなく教会も船上です。
ton2

目的地が見えてきました。前方にあるのが目的地です。
ton3

ガイド曰く
「水族館をみたり、魚にえさをあげれます。トンレサップ湖に生息している魚がみれます」

水族館・・・・
・・・・・
トンレサップ湖の魚が入った水槽が陳列されています。
魚に興味がある人は楽しいかも(笑)

・・・・写真も撮らなかった。

次に魚の餌付けに移動。
ton6

??この波は??
ton7
お魚です~
いけすで水揚げされる寸前って感じ??
水がにごっていせいか、あまり何も感じなかった・・・

しばらく船内を歩き(時間つぶし)、ふと船の下に何かあることに気が付いた。

・・・・

・・・・・・

・・・・・・・ \(◎o◎)/!


ton4

ワニがうようよといますの~

ton5

落ちたらやばそうやなぁ~

ということで、その場を離れ、ちょうど時間になったので船で帰途につきました。
トンレサップ湖では、個人客目当てのぼったくりがあるようですので、ツアー参加がお勧めです。魚とワニに興味のある人は楽しめるでしょう。

船はなかなか気持ちよかったですよ。乗り心地もそんなに悪くないし。

ただ、帰り道・・・

「この湖ってワニがいるの~??落ちたらやばいよなあ~」

と、ボートの端にはあまり近づけなかった、小心者でございます(笑)

そうそう、水上生活では赤ちゃんも当然お船の上です。
さしずめ、ベビーカーってところでしょうか?
ton8

今日も読んでくれてありがとう


ご訪問ありがとうございます♪
↓ぽちっと応援して頂けるとうれしいです!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ banner

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

カンボジア ~トンレサップ湖の謎編

ご訪問ありがとうございます。

昨日はパルコやティーナに温かいコメントをありがとうございました

ティーナの気絶した振りを見たかった~とのお言葉・・・
見て欲しかったわぁ~(笑)

さて、久しぶりにカンボジア旅行記です。
・・・取り止めのないブログですみませんm(__)m

カンボジア最終日は、トンレサップ湖とオールドマーケットでした。
トンレサップ湖は東南アジア最大の湖で、雨期と乾期では湖の大きさが3倍も違うそうです。そのため、雨期には、乾期に陸地であったところが湖になってしまいます。
私たちが訪れた4月は乾期ですが、それでも湖は大きかった・・・・

トンレサップ湖に着いたら、船に乗り、養殖場へ向かいます。
ガイドさんは、一番最初に空港からホテルまで連れて行ってくれたガイドさんでした。
到着日に、その時ガイドさんは

「明日からの遺跡観光は、私と違ってもっと頼りになるガイドですのでご安心ください」

って言ってたよなぁ~
で、ついたガイドがあれですよ・・・・
※??な方は、カテゴリ→カンボジアをお時間のあるときに見てやってくださいm(__)m
※いっぱいありすぎて、リンクできなかった(笑)

最終日はガイドするところもそんなにないし、その頃にはガイドにあまり期待をしなくなったので、問題はなかった。

・・・・なかった?

・・・・・なかったのか?

・・・・・・・・・・・・・(*¬д¬)・・・・


ま、これはこっちに置いておいて(笑)

トンレサップ湖で乗ったボートの写真です。
この写真の子が操縦してくれました。

tonresapp

ガイドさん曰く

「トンレサップ湖では学校も水上なので、子供たちは小さいときから船を操縦しています」
「生活に必要ですから」

・・・隣を観光客を乗せた船が進む。

・・・・・操縦しているのはお兄さんやおじさんだ。


ガイド「養殖場では水族館があり、魚の餌付けができます」

※この様子もちょっと衝撃的だったので別の機会に(笑)

なんやかやとミニクルーズを楽しみ下船。
ガイドさんに聞いてみた。

「この子、何歳~?」

さて、問題です。
ガイドさんは何歳と答えたでしょう。

ヒント:身長は、163センチのbetipaの肩あたりまでです

↓トンレサップ湖の運動場です。
school

色々な国が支援しており、各建物に支援した国の国旗が描かれています。

今日も最後まで読んでくれてありがとう


ご訪問ありがとうございます♪
↓ぽちっと応援して頂けるとうれしいです!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ banner

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

アンコール遺跡群

ご訪問ありがとうございます~

アンコールワット旅行に戻ります~
3日目の午前、午後は郊外にあるアンコール遺跡群の見学です。
それぞれに由来があり、趣も違いますがだんだん同じに見えてくる(笑)
そして・・・・

ガイドはまた同じだったΣ(゚д゚;)

専属なのか?専属だったのかぁ~

「もしも論」をしてもしょうがないけど、日本語の流暢なガイドで由来とか分かる説明をしてくれるガイドだったら、もう少し違って見えたかも~もう慣れたけど

日程は
午前:バンテアイ・スレイ、タプローム、タケウ
午後:プレループ、ブリアカン、東メガン
と観光しました。バンテアイ・スレイには東洋のモナリザと呼ばれるデバターがあり、タプロームはジャングルの中の遺跡が印象的でした。

↓バンテアイ・スレイ
10/23_2

↓バンテアイ・スレイのデバター
10/23_1

↓タプローム
10/23_3
もともとはジャングルの中に建てられたものではないとのことです。
鳥たちが種を運び、長い年月忘れられていた遺跡のため今は密林の中の遺跡となっているそうです。木を遺跡から取ることは、遺跡を崩してしまうためできないとのことです。自然ってすごいですね。

遺跡巡りをしていると、子供たちがお土産を売りにやってきます。

子「1個1ドル!」

・・・安いけど、いらないなぁ。ごめんね~

子「2個1000円!!」

・・・おっ、いきなり上がった(*_*)

子「3個2ドル!!!」

・・・???(。´・д・)エッ

子「4個2000円!!!!!」

・・・そりゃぼったくりだよ(笑)

偶数で買ったら損なのね(笑)
為替とか知らない子供たちが、日本人相手に必死で覚えたであろう日本語。
後ろで親らしき大人たちが見てるのってどうよ!って思ったり。

売っているものは場様々だけど、手作りブレスレットみたいなものが多かったかな?
でもね、1人から買うとみんな寄ってくるのよ~
そんなにいらないし・・・・

遺跡の入場料について少し。
アンコールワットを含む遺跡群に入るために事前にパスを購入しています。
バスに乗っていると、おじさんが入ってきてパスの提示を求められます。
写真付のパスです。写真は現地で撮ってくれるみたいですが、私達のときは確か日本から用意していきました。

↓こんなパスでした(2007年現在)
10/23_5

***お知らせ***
あこがれのアンコールワットでお話した中央祠堂への急階段。
2010年1月から見学が再開されたそうです。

登れますよ~(ノ∀\*)キャ

ちなみに、入場制限があるようですので登る方はご確認を。
詳細はカンボジア政府観光局ホームページでどうぞ~

今日も読んでくれてありがとう


ご訪問ありがとうございます♪
↓ぽちっと応援して頂けるとうれしいです!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ banner

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

ちょっと一息・・・

ご訪問ありがとうございます。
十数年振りに健康診断以外で病院に行き、注射をされて凹んだbetipaです



カンボジアは最近まで内戦をしていた国なので、まだその傷跡は生々しく残っています。

到着当日、ガイドさん(今までとは別の人ね)の注意事項は

舗装されていない道路には、絶対に入らないように!

ということでした。
理由は地雷が埋まっている可能性があるから。

私たちが宿泊したホテルの近所であっても例外ではないのだそうです。
なので、ちょっとここ横切ったら・・・なんてことはできませんでした。

シェリムアップはリゾート地を目指しているらしく街中はとても綺麗になっています。
カンボジア3

真ん中の鉄鍋みたいなのは、ゴミ箱でした。

車が写っていますが、観光に使うのはモト・ルモーというバイクの後ろに2人とか4人乗りの座席がついた乗り物になります。タクシーの代わりですね。
そういえば、ホテルでバスを待っていたとき「●●葬儀社」って書かれたバンが入ってきたなぁ~こんな風に中古車の再利用がされてるんだ~と思った記憶があります(笑)

↓モト・ルモーにて散策~
お土産を買いにちょこっと利用してみました。
往復で2ドルか3ドルだったと思います(交渉してから乗ります)
カンボジア2

遺跡の中でも、内戦の跡が点在します。
カンボジア1

ポルポト派によって破壊された遺跡。
埋め込まれていた宝石とかも見事になくなっていました。

シェリムアップしか行ってないですが、カンボジアは生まれ変わろうとがんばっていました。
まだそんなに観光客なれしていないのでお土産とかもそんなにぼったくられません(笑)
カンボジア通貨はありますが、基本は米ドルでOKです。
観光客価格があり、カンボジアの人と値段設定が違います。
カンボジアに行くときは1ドル札をいっぱい持っていくと便利です(3年前の感想だけど)

で、なぜ今日こんな風に思ったかというと、いつも拝見しているブログで「北海道インバウンド特区」という構想があると、読んだからなんですよね~

観光立国を目指すのは良いと思うの。
日本って良いところいっぱいあるし。
でもね、なぜ特定の誰かをターゲットにしないといけないのかが疑問です。
たとえば、カンボジアはバリやマレーシアのように世界中から人があつまるリゾート地を目指してシェリムアップの開発を進めている。これが100%いいのかどうかは分からない、でも、特定の誰かにターゲットを絞るということは、その誰かがこちらに興味がなくなったときのダメージも大きいと思うのです。

・・・えらい人の考えることはよく分からない。
でも、取り返しのつかない事態にならないようにだけはしないとねえ・・・

なんてちょこっと感じたのでした。


今日はいつもブログに遊びに来てやさしいコメントを残してくれるモモ大好きさんのお誕生日です。おめでと~
かわいいにゃんこ&フェレットがいるおうちなんですよ~

なんと、キキコさんも同じ日、本日がバースデーだそうです!!おめでと~
すごい偶然ですね。
キキコさんは私がブログを書き始めたころからやさしいコメントを下さっている方です。
今日はレイチェルちゃんも帰ってきてますね!!
10/22_1

今日も読んでくれてありがとう




ご訪問ありがとうございます♪
↓ぽちっと応援して頂けるとうれしいです!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ banner

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

アンコールワットの日の出

ご訪問ありがとうございます。

カンボジア3日目は朝4時50分ロビー集合です。
今日も朝から遺跡めぐりです~

朝4時50分・・・

仕事なら起きられなくても、旅行中はちゃんと起きることができるから不思議

さすがに3日目になると、ツアーでよく一緒になる人の顔は覚えてきました(笑)
仲良くなったご夫婦が今日のツアーにはいない・・・
・・・昨日は、「明日の日の出楽しみですね~」とか話してたんだけどなあ。
・・・ガイドは今日もまた同じ人のようです

私「あのご夫婦は今日は参加しないの?」

ガ「はい。今日は別のツアーに参加してます」

そうなんだぁ~楽しいご夫婦だったのに残念だなぁ~
そんなことを友人と話しているうちに、アンコールワットに到着です。

暗い中、大勢の人が日の出を見ようと訪れます。

ガイドさんが「混んでいるので絶対にはぐれないように!」と珍しくガイドらしいことを言い私たちもずんずん中へと進んで行きます。

そして、広場に出たところでガイドさんの携帯電話が・・・・

ガ「はい。・・・・・えっ!・・・・えっ!?」

・・・・・今度はなんだ???

ガ「人数を確認します。誰かいない人はいませんか?」

・・・・・いや、人数を把握しているのはガイドさん、あなたでしょう。

私達「連れはいるよ~」


ガ「2人足りない!!!」

・・・・・ (;゚д゚)ェ. . . . . . . またかい!

しかし、最初からこの人数だったと思うよ。はっきりとは覚えてないけど(笑)

私「やっぱり、あのご夫婦じゃないの~」

ガ「いえ、あの人達は別のツアー・・・・・・のはずです。」

日の出の時間は刻々と迫ってくるのでここで一旦解散して各自日の出鑑賞をするために移動しました。

アンコールワットの日の出1

いたるところに人がいます。
少しずつ明るくなってきました。
アンコールワットの日の出2

友人と私は場所を移動することにしました。
アンコールワットの日の出3

年に2回、中央からの日の出を見ることができるのだそうです。
やはり、池からの眺めが最高です。
アンコールワットの日の出4

ハスの花(?)がきれいでした。
アンコールワットの日の出5

朝日を堪能して、集合場所へ戻りました。
充実した時間でした。朝早く起きなければなりませんが絶対お勧めです

一旦ホテルに戻ります。今日はこの後、郊外の遺跡見学です。

午後のツアーの時、聞いたのですが行方不明の2人はやはりそのご夫婦だったようです。
集合時間10分前にはロビーにいたらしいのですが、置いていかれてしまったようです。

・・・ガイドさんの勘違い??
・・・人数は確認しようよ。

次の日の朝もう一度チャレンジするとのことでしたが。。。
朝4時起きだよ~
私なら絶対もっと強くクレーム入れてるな・・・たぶん。

そんなこんなで、ガイドさんに対する信頼感が急降下していってしまいました(笑)

今日も読んでくれてありがとう


ご訪問ありがとうございます♪
↓ぽちっと応援して頂けるとうれしいです!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ banner

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

プロフィール

betipa

Author:betipa
旅行が大好きな飼い主と個性的な7にゃんそしてお姫様犬、ティーナの日記です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

リンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

ご訪問ありがとう☆

Tripadvisor

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました!!

クロアチア
旅行口コミ情報

月別アーカイブ