ストロベリーフィールズ

Strawberry


ご訪問ありがとうございます。
本日のお写真は、NY、セントラルパークにあるストロベリーフィールズ。

ジョン・レノンの"ストロベリー・フィールズ・フォーエバー"にちなんで命名されたそうです。
ご自宅のあるダコタハウスのすぐ近くで、セントラルパークの中でもお気に入りの場所だったのだとか。

ジョン・レノンが凶弾に倒れたあと、オノ・ヨーコさんが土地を買い取り、このデザインをしたのだとか。
イマジンの曲が自然に頭の中で流れ出す、不思議な空間です。

いつ訪れても、観光客でいっぱいです。
でも不思議と、喧噪感はないのです。イマジンにこめられた、平和への祈りの心が満ちているのかもしれないな~と訪れるたびに感じるスポットです。

セントラルパークのオーディオガイドで、この場所は、オノ・ヨーコさんがナレーションをしているそうですし、また行ってみたいな~

・・・どこでもいいから旅にでたい(笑)

今日も読んでくれてありがとう☆

続きを読む


ご訪問ありがとうございます♪
↓ぽちっと応援して頂けるとうれしいです!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ banner

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

クロイスターズ美術館@NY

croisters


ご訪問ありがとうございます。
クロイスターズ美術館は、NYマンハッタンの北の方にあります。
メトロポリタン美術館と同じ日であれば、同じバッチで入館することができます。
※メトロポリタン美術館は入場券の代わりに、バッチが入場券になるんです。

さて、ここに行くには電車を利用します。
行ったのはずーっと昔だったのですが、途中、ハーレムを通るときに、車内の雰囲気がガラッと変わってしまって怖かった記憶があります。

このリスはクロイスターズ美術館に行く途中に出会ったコ。
青空がとても気持ち良くて、NYにもこんな場所があるんだな~って思った記憶があります。

美術館では、できるだけ見学をじっくりしたいので、今も昔も写真を撮ることはあまりありません。
心に刻みます(笑)

クロイスターとは修道院や回廊という意味なんですって。
その名の通り、美術品(イコンとか絵画とか)ももちろん素晴らしいですが、何よりも美術館そのものが素敵な雰囲気を持っています。

修道院の回廊の美しさの中で、時間の流れが他よりもゆったり流れている感じが印象的な美術館でした。
betipaの大好きなタペストリーもあるんですよ。
一角獣・ユニコーンのタペストリーは皆さんも一度は見たことがあるかもしれません。

NYからは少し離れるので、朝一番に行くのがおすすめです。
空気も澄んでいて、とても気持ちが良いです。

ちなみに、写真は2月に行った時のものです。

クロイスターズ美術館のHPはこちら→

今日も読んでくれてありがとう☆


ご訪問ありがとうございます♪
↓ぽちっと応援して頂けるとうれしいです!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ banner

theme : 海外旅行
genre : 旅行

ニューヨーク その6

カリスマ占い師になっていたかもしれないbetipaです(笑)
本日もご訪問ありがとうございます~

さて、やはりNYではずせないものといえば、ブロードウェイ。
本場のミュージカルです

今回の旅行の目的は実は「ミュージカル鑑賞」
妹の「Talk Like Singingがみたい」から旅行が始まりました。

この題名を聞いてピンと来た人は、通ですね~SMAPの(笑)
そう、Talk Like Singingは三谷幸喜作、香取慎吾主演のミュージカルです。

一回は私も見ましたが、弾丸トラベルのため千秋楽の公演はパスし、ハイランドパークに行ったのです。もちろん、慎吾ちゃんファンの妹は千秋楽を観に行きましたとも(笑)
なので、別行動だったんですよ。

それ以外では今回は、オペラ座の怪人を観にいきました。
事前に割引チケットをGETし、劇場窓口で購入。
今回のファントムはちょっと背が低いけど、今までで一番声がよかった。
で、ラウルはかっこよかったよ~

劇場ではピンクリボンやレッドリボンの協賛品も販売されています。
私はピンクリボンのピンバッチを購入しました。
なんと、ピンクリボンのモチーフとファントムの仮面のコラボなんだよ~
お土産にしたらよろこばれました。

↓ブロードウェイ
NY30

そういえば、スマステの生中継をみましたよ~
三谷幸喜と香取慎吾と大島アナがタイムズスクエアでロケをしていました。
朝早くの、人のいないタイムズスクエアを撮ろうとホテルをでて、写真を撮っていたら、何かを叫びながら妹がダッシュ~
その先には人だかり(といってもそんなにはいなかったが・・・)
後を追いかけると、生放送中。
ファンの妹はもうご機嫌でございます~
私もめったに近くで見ることができないので一緒に見学しました(笑)
距離にして5Mも離れてなかったからね~

↓妹が駆け出した時に私が撮っていた写真(笑)
NY31

日本人の女の子ばかりなので、通りすがりの外国人がみな不思議そうな顔をしてました。彼は誰?って聞いている人もいましたし。
その後、ホテルへ移動する時も大名行列でした(笑)

・・・私は少し後ろから、妹はしっかり団体に入って参加致しました(笑)

ハーフチケット売り場も前回よりきれいになっていたし、次回はゆっくり滞在してミュージカルをいっぱいみたいなあ~

チケット代は日本と同じくらいです。
なので、数を見たい場合は事前にPLAY BILLの会員になって割引クーポンをGETするか、ハーフチケットでの購入がお勧めです。
確実を取るならPLAYBILLですね。ハーフチケットは当日に空きがあった場合のみ発売されますので、人気のミュージカルはほぼ取ることができません。
でもね、半額だからって変な席とは限らないのが面白いところなんです。
前回私は、ハーフチケットで「サンセット ブルーバード」と「ビクター ビクトリア」を観たんですが、ビクター・・・の方は前から10列目のど真ん中でした。
この作品はサウンド オブ ミュージックのジュリーアンドリュースが主演したミュージカルだったんです。50歳を過ぎてもこんなきれいな声なんだ~と感動した記憶があります。

では、最後におまけの夜景写真をどうぞ~
カメラもカメラマンもへたれなので、あまりきれいではありませんが(T_T)

トップ・オブ・ザ・ロックより

↓前のビルはエンパイヤーステートビル
NY32

↓ひときわ明るく光っているのはブロードウェイ
NY33

※※まめ知識※※
夜景ポイントとして挙げられるのはエンパイヤーステートビルとトップ・オブ・ザ・ロック。
どちらかというとエンパイヤーの方が混んでいますが、私はトップ・オブ・ザ・ロックの方が好きです。エンパイヤーのライトアップもみれるし。
トップ・オブ・ザ・ロックの場合、1方面がセントラルパークに面しているので夜は暗闇です。夕方に入るようにすれば、公園方面の景色と、暗くなってからの夜景が楽しめます。
昼間もよい景色だそうです。昼と夜の2回入場がセットになったチケットもあります。
※※おわり※※

↓ラジオシティー
NY34
バックグラウンドツアーもあります。

取り留めのない内容にいつもお付き合いありがとうございます。
さて、そろそろ、クリスマスの写真をアップしようかなぁ~
今日も読んでくれてありがとう


ご訪問ありがとうございます♪
↓ぽちっと応援して頂けるとうれしいです!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ banner

theme : 旅行記
genre : 旅行

ニューヨーク その5

ご訪問ありがとうございます~

一度書いたブログが、アップ直前に消えてしまい・・・ショックです~

ドタバタ編は楽しんで頂けたようでうれしいです
今日はNYで今ホットなスポットのご紹介です~(本当か??)

NYの西側、ミートパッキングエリアにあるスポットです。
ミートパッキングエリアは精肉工場のあった場所で、今はNYの最先端の情報発信基地だそうです。おされ~なエリアです(笑)
あまり縁はありませんが・・・

さてそのスポットの名前は「ハイラインパーク(HIGH LINE PARK)」といいます。
元は貨物専用の高架鉄道で、精肉工場から直接貨物を積み込み輸送する手段でした。

1980年を最後に使われなくなり、放置されていましたが、10年ほど前から跡地を公園として復活させようというプロジェクトが立ち上がり、2009年6月に3年の月日をかけ第1次オープンを果たしました。

今回は、Gansvoort StreetからWest 20th Streetと10th Avenueが交差する所までの800メートルほどですが、将来的には全長3キロの長ーい公園ができるそうです。

オープン当初はものすごい人で、公園に入るのも並ばなければならなかったようですが、私が行ったときはかなり落ち着いていました。
それでも11月の寒空の中、結構多くの人が散歩していましたよ。

変なところでA型の几帳面さが出るbetipaは始発点から公園に入ります。
オープン当初はここからしか入れなかったみたいでしたが、私が行ったときはどこからでもOKのようでした。

↓入り口
NY22

↓階段を上ります。雰囲気はやはり駅ですね。
NY23

↓公園は線路もオブジェとして残っています。
NY25

おしゃれなマンションやビルの下を通りながらお散歩です~
↓公園には至る所にベンチがあります。
NY26

今回は一人で散歩(妹はミュージカル鑑賞中)だったのと寒かったので、ちょこっと座っただけでした(笑)
寒い時期には向いてないですよね~心の底から冷えそうです・・・

今回は時間の都合で行けなかったのですが、10TH AVENUE SQUAREあたりには、道路に面した壁がガラスでできており、10番街を上から眺めることができる場所もあるようです。地図はこちら

betipaはちょうど夕方、公園に着くように行きました。
向こうに見えるのはニュージャージです。
NY24

ミートパッキングエリアもホットな場所ですが、今回はチェルシーマーケットに向かいました。チェルシーマーケットはグルメさんにはたまらない注目のマーケットです。
NY28

今回の目的は、NYで人気のお土産を買うこと。
それは、『Fat Witch Bakery(ファット・ウィッチ・ベーカリー)』のブラウニー。
このベーカリーはブラウニー専門店です。
かわいい魔女がトレードマーク。私はホワイトとプレーンを購入。
しっかりした味でおいしかったです。

・・・・写真撮るの忘れたのさ~ごめんね~

このマーケットには、ニューヨークのベストベーカリーショップランキングに常に名前の挙がるAmy's Breadのパン工場も入ってます。

その他雑貨店、ミルクバー、お肉屋さんに魚屋さん、レストランとあまり大きなマーケットではありませんが、盛りだくさんです。
チェルシー地区は歴史的建造物が多くおしゃれな地域です。
ギャラリーも多いですが、もともとは倉庫街です。

さあ、みなさんもNYに行ったらチェルシーマーケットに行ってみてください。

・・・・で魔女の写真をお願いします(笑)

↓カラフルなかわいいカップケーキもありました。
NY27

さて、そろそろ妹との合流時間がやってきました。
帰途に着く前にもう1箇所寄っておきたいお店がありました。
それは、Billy's Bakery(ビリーズ・ベーカリー)手作りチーズケーキのお店です

NYに着たらやっぱりチーズケーキが食べたいなあということで(笑)

チェルシーマーケットから徒歩5分ほどだったと思います。
お店の中はいっぱいでした(たぶんテイクアウトのみ)
今回はプレーンなチーズケーキとバナナマフィンを購入(計9ドルくらい)
NY29
上がバナナマフィンで下がチーズケーキ。

もう、めちゃうまでした

結構大きいので、妹と半分づつ頂きました。
しっかり甘いですが、本当においしかったです~(*^。^*)
店員さんも感じがよくてGOODです

今日も読んでくれてありがとう


ご訪問ありがとうございます♪
↓ぽちっと応援して頂けるとうれしいです!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ banner

theme : 旅行記
genre : 旅行

ニューヨーク その4

ご訪問ありがとうございます~

さて、皆さまお待ちかねのどたばた編です(笑)
長文ですがお付き合い頂ければ幸いです。

自由の女神見学後は、ウォール街に歩いて向かいました。
日曜日なので、観光客ばかりです。

ウォール街からグラウンド・ゼロに向かう途中、有名なオブジェを見かけました。
↓レッド・キューブ イサム・ノグチ作
NY17

↓そしてグラウンド・ゼロ
NY18

この後は、地下鉄でブルックリンに向かい、橋を歩いて渡ってマンハッタンに帰って来るはずでした。自由の女神見学も順調だったので、ここまで、計画通りに進んでいました。
妹が15時からのミュージカルを予約していたので、それまでに会場に戻らないといけない。でも、時間的には4時間近く時間はあるし~余裕だね!って話していたんです。

まずは、ブルックリンブリッジの最寄駅ハイストリート駅に向かいます。

最近の地下鉄(電車も)の路線図って色分けされてますよね~
これはどこの世界でもほぼ同じで(私が行った国しかしらないけどw)色と行く先を間違えなければ、あまり地下鉄や電車で間違えることはないです。

今回は路線図で言うとブルー、行く先はブルックリン。
今回は、パリのときと違って駅名もかなりしつこくチェックした上、Google Mapで橋までの道順もお勉強してきた!!完璧だ~(^◇^)

グラウンド・ゼロから最寄駅に向かい地下鉄に乗ろうとすると、駅にいっぱい張り紙が・・・・

土・日は運休とかダイヤ変更が多いって聞いていたので、張り紙をチェックしてみる・・・・

ブルックリンに行きたい人は
ワシントンスクエアに行け


張り紙にはそう書いてある。
ワシントンスクエアはブルックリンとは反対方向。
でも、ブルックリン方面への電車が来る気配はないし、とりあえず戻ってみることに。

ワシントンスクエア到着。
そこで、ブルーのラインが入るプラットホームを見ると、ブルックリン行きの電車が入ってきた。乗り入れ駅なので、再度ブルーのラインであることを確認し、乗車。

と、そこに社内アナウンスが入る。


・・・・まったく聞き取れない(-_-;)

すごい雑音に早口でぼそぼそとアナウンスするんじゃないぃ~

人が、どっと降りていく・・・・・

なぜ??

何なの?????

思っている間にドアが閉まり、電車は発車。

不安だったので、次の駅に止まったとき駅名を確認してみる。
ブルーのラインに乗っててぇ~
ワシントンスクエアの次だからぁ~

次はここのはずよね~

・・・・違う(;O;)

じゃ、今このブルーのラインはどこを走ってるのか・・・・

妹と二人で必死に路線図を探す・・・・

・・・あった~・・・・このライン??

また次の駅に到着。
駅名を確認。

・・・やはり、そうか。ブルーラインはどうやらオレンジラインを走っているらしい。

で、オレンジラインはというと、ブルックリンには行く。
しかし、ハイストリートには行かない。

その時背後から「ハイストリート ブルックリンブリッジ」というキーワードが聞こえてきた。振り返ってみると、ガイドブックを持った外国人のご夫婦が尋ねているようだった。

耳をダンボのようにして聞いていると、ブルックリンサイドの最初の駅ではなく次の駅で降りるようアドバイスされているもよう。。。

路線図を確認。

そうか~ブルーとオレンジが重なる駅なんだ~

あのご夫婦もブルックリンブリッジを目指しているようだ。
チェックしておこう!!!!

やっと(迷っているときは時間が長く感じるw)駅に着きとりあえず下車。
ここからはブルーのラインに乗ればいいはず。
普通で考えたら反対方向(マンハッタン)に戻ればいいんだ。

とそこに、ブルーのライン、マンハッタン方面が来た!!!

乗車してドア付近で発車を待つ。

・・・・アナウンスが入る(-_-;)

・・・・人が再びどっと降りる。

さすがに2回目なので、近くのお姉さんに聞いてみた。

「ブルックリンブリッジに行きたいけど、ハイストリートには止まる?」

「わからない。止まればいいね」

・・・・どうしよう?時間も切実になくなってきている。


降りるべきか、降りざるべきか、それが問題だ・・・

と、そこに再度アナウンスが。

神経を集中するも、さっぱりわからん(-_-;)
ふと前をみると、お姉さんもものすごい顔で集中してアナウンスを聞いている。
直後

「外へ、早く、GOGO」

とドアの外に出されてしまった。
お礼も言えなかった。

なぜなら、出た瞬間、ドアが背後で閉まってしまったから・・・

妹と二人とりあえず心の中でお姉さんにありがとうとつぶやいた・・・

降りなかったらまたオレンジラインでワシントンスクエアに戻っていたのであろう・・・

ふと、横を見るとあのご夫婦も電車から滑り降りたもよう。
どうやらお互い動向をチェックしていたらしい(笑)

こうなったら、駅員さんに聞くしかないと駅員さんのところに行くと、ご夫婦も同じことを思ったらしく、ホームに1人いた駅員さんを4人で囲む。

質問はだんなさんが担当。

だ「ブルックリンブリッジに行きたいからハイストリートに行きたいがどうしたら行けるんだ」

駅「ワシントンスクエアに戻ってください」

だ「そこで、ここに来るよう言われてきたんだ」

駅「じゃあ、わからない」

だ「は??ほかの方法はないのか?」

駅「歩けば行ける」

4人で顔を見合わせる。
かれこれ1時間近く地下鉄を乗り回していたので、切実に時間がない。

意を決して外に出ることに。


・・・\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/・・・

ブルックリンの地図がない。
しかもどのあたりにいるのかもわからない。
人もほとんど通らない・・・・

と、そこにカモ人がやってきた。
また、4人で囲む。

だ「ブルックリンブリッジに行きたいんだけど」 ※質問担当はだんなさん(笑)

「この道まっすぐ行って、あのビルの角を曲がればいけるわ」

だ「ありがとう、何分ぐらいかわかる?」

「15分くらいかな」

ということで歩き出し、何とか何とかブルックリンブリッジの入り口に到着。
NY19

駅に出たときはタクシーにしようかと思ったけどタクシーも来そうになかったの~

その駅から、ブルックリンブリッジの入り口までは15分かかりませんでした

ご夫婦は、橋の下で行われているマーケットに行くとのことだったので、入り口でお別れ。
ありがとう~親切にしてくれて。おかげで、迷わずに橋にたどり着きました~

本当は、ブルックリンもちらっと観光するはずだったんですが・・・
時間がなくなったので、メインイベントの橋を渡ることだけしかできませんでした。
急いで観光すれば、見れたかも知れないけど、あせるのもいやだったし。

快晴のなか、ゆったりマンハッタンを眺めながら歩くブルックリンブリッジはとても気持ちよかったです。ガイドブックなどによると、片道1時間弱とのことでしたが、実際は30分ほどで渡れます。

結構写真撮ったりしてましたけど(笑)

NY21

ブリッジは歩行者と自転車用のレーンがありますので、歩くときは気をつけましょう。
NY20

さて、何ゆえに地下鉄にだまされたかというと、NYのメトロ(すべてではないようですが)の前面には路線番号が表示されています。しかも色つきで。

で、今回はブルーのAかCに乗るはずだったので、ブルックリンに行くときに乗った電車はの表示はすべてブルーのAかCだったんです。

で、走るラインがオレンジってどうよ!!!!

すっきりした~(笑)

今日も長文にお付き合いいただきありがとうございました


ご訪問ありがとうございます♪
↓ぽちっと応援して頂けるとうれしいです!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ banner

theme : 旅行記
genre : 旅行

プロフィール

betipa

Author:betipa
旅行が大好きな飼い主と個性的な7にゃんそしてお姫様犬、ティーナの日記です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

リンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

ご訪問ありがとう☆

Tripadvisor

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました!!

クロアチア
旅行口コミ情報

月別アーカイブ