センメリング鉄道--Semmeringbahn--

ご訪問ありがとうございます。

スロベニアへ向かう朝は雨でした(;O;)
前日、道を聞いたマダムの予想的中です(>ω<、)

ホテルを出てUバーンで、ウィーンマイドリング駅に向かいます。
道順は昨日、確認済なので問題なし。

ホテルアレグロの前の駅はMATZLEINSDORFER PLといいます。
・・・何て読むのかはわかりません(笑)

この駅は大きな駅で、Sバーン(国鉄)でもUバーン(地下鉄)でもマイドリング駅に行くことができます。
エレベーターがあるので、スーツケースを持っての移動も楽です。

ただ、Sバーンの電車は乗るときに高いステップがあったので、Uバーンで行くことに。
Uバーンもたまにステップがあるけど、まだまし・・・

さて、この日はセンメリング鉄道がメインイベントです。
電車旅大好きなbetipaにとっては、雨だけど、朝からテンションアップ~

ウィーンマイドリング駅
viena3
動き出した瞬間に撮ったのでブレブレです・・・

今回の行先はリュブリアナです。
viena1

そして、1stクラスの座席はこんな感じでした。
1人用と2人用の3列シート。
viena2
荷物置き場はありませんでした。
イスとイスの間にスーツケースを突っ込みます。
突っ込めなかった分は空きスペースに置いていました。
ちなみに、betipaの車両には車いす用の座席があり、車いす用の置き場がありました。
そこにはスーツケースを置かないようにしましょう!

さてセンメリング鉄道とは・・・

アルプスを越えた世界初の山岳鉄道で、近代的な土木機械などが何もない時代、1854年に開通した鉄道です。
着工からわずか6年という短期間で開通したのだそうです。
グログニッツ(Gloggnitz)からミュルツツーシュラーク(Muerzzuschlag)までの約40キロの区間が「センメリング鉄道 Semmeringbahn」と呼ばれています。

アルプスの難所であるセンメリング峠という難しいところでありながらも、自然との調和や景観を大切にし、鉄筋ではなくレンガや石で作られています。
1998年に鉄道として初めて世界遺産に登録されたそうです。

高架橋の一部は2層構造になっていてこの路線の見どころの一つです。

当然だけど~電車の中から橋をみることはできても、写真を撮るのは困難です(;O;)
でも、頑張りました!!!
雨が降ってたから、窓開けれなかったしブレブレだけど(笑)
viena6
高架橋がかろうじて写っています。
きれいなお写真はこちらでどうぞ・・・

ウィーンから50分程でグログニッツ駅、そこからセンメリング鉄道の終点まで1時間20分程です。
途中にセンメリング駅があります。一番標高が高い駅なんだそうです。
ハイキングコースとかもあるそうですので、途中下車して外から鉄道と高架橋みるのもいいですね~

雨の中電車は進みます。
viena5
続く・・・

今日も読んでくれてありがとう☆


ご訪問ありがとうございます♪
↓ぽちっと応援して頂けるとうれしいです!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ banner

theme : 鉄道旅行
genre : 旅行

プロフィール

betipa

Author:betipa
旅行が大好きな飼い主と個性的な7にゃんそしてお姫様犬、ティーナの日記です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

リンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

ご訪問ありがとう☆

Tripadvisor

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました!!

クロアチア
旅行口コミ情報

月別アーカイブ