ミズーリ

mizuri1

戦艦ミズーリは太平洋戦争の時から湾岸戦争まで使用された戦艦です。

船内に上がるとすぐにボランティアガイドの方がいらっしゃいます。
様々な言語に対応していて、日本語のツアーもあります(無料)
時間になると、甲板に集合して各ポイントで説明をしてくれます。

しかし・・・暑い・・・・
必ずお水は持って行ったほうがいいです~

この船の上で、降伏文書調印式が行われたそうです。

mizuri3

調印式の時には、↓の旗が飾られていたそうです。

mizuri4

この旗は、ペリーが日本に来た時に戦艦に掲げられていた旗なんだそうです。

mizuri2

甲板の先からアリゾナメモリアルも見えます。

この船は沖縄沖で、1機のゼロ戦の特攻攻撃を受けたそうです。
攻撃は船の一部をへこませるだけで、爆弾は不発だったため、大きな被害はなかったそうです。

mizuri5

少しへこんでいるところがその場所です。
乗っていたパイロットの亡骸は、衝突の衝撃で裂かれ、上半身が甲板に・・・
最初は、水で海に落とそうとしていたのですが、船長の「敵兵でも死んだら敵ではない。国のために命を捧げた勇士である。」という言葉で、翌日日の丸にご遺体を包み、水葬をしたのだそうです。
その時の写真や、位置を表す足跡も残っています。
ちなみに、アメリカの戦艦に、日の丸の国旗があるわけもなく、徹夜で作成したのだとのことです。
パイロットの方の身元も2人まで絞れているのだとか・・・

このほかにも、船内に神風特攻隊の展示室があり、手紙や写真が展示されています。

青いきれいな空を見ながら、今の平和は本当に多くの方の命の上にあるんだと、実感しました。
大切に生きなければ・・・ですね。


ご訪問ありがとうございます♪
↓ぽちっと応援して頂けるとうれしいです!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ banner

theme : ハワイ
genre : 旅行

戦争

あの戦争から何十年も経って、戦争体験者の方が老齢になり
これは日本もアメリカも他の国も同様でしょう
それだけに、生の声を聞かせてもらう機会はとても大事だろうし
何より事実をしっかり認識するのは、後に生まれたものの責任だものね

薄ぼんやり生きてるけど、こういうお話聞くと、いろいろ考えさせられます

管理栄養おたぬきさま

コメントありがと。

> あの戦争から何十年も経って、戦争体験者の方が老齢になり
> これは日本もアメリカも他の国も同様でしょう
> それだけに、生の声を聞かせてもらう機会はとても大事だろうし
> 何より事実をしっかり認識するのは、後に生まれたものの責任だものね

そうなんです。
そういった意味で、パールハーバーはとても良い場所だと思います。
戦勝国ではあるのですが、一方的に善悪を語るのではなく、できるだけ公平に分析して伝えようという雰囲気が伝わりました。

> 薄ぼんやり生きてるけど、こういうお話聞くと、いろいろ考えさせられます

betipaもこういうときしか、考えることがない・・・日常なので、こういう機会にこそ、考えたいと思います。
Secret

プロフィール

betipa

Author:betipa
旅行が大好きな飼い主と個性的な7にゃんそしてお姫様犬、ティーナの日記です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

リンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

ご訪問ありがとう☆

Tripadvisor

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました!!

クロアチア
旅行口コミ情報

月別アーカイブ