スルジ山のお写真

ご訪問ありがとうございます。
もっとスルジ山の写真をみたい~ってリクエストを頂いたので、お応えして。
まだアップしていないお写真を・・・

まずは、展望デッキからの眺め↓
suluji1


スルジ山は内戦のとき、ドブロブニクを守る要塞になっていたところ。
今でもその跡が残っています。
suruji6

この砦の中に、内戦時の様子を伝える博物館があります。
観光客はあまり訪れることがないのか、betipa達が行った時はほとんど人がいませんでした。
入口で入場料を払うと、絵葉書のチケットを渡してくれます。
suruji4

日本のニュースで流れていた内戦の様子が、そこには再現されていました。
炎に包まれるドブロブニク
砲弾を浴びるドブロブニク
そして撃墜される戦闘機・・・・

暗い通路を通って出た屋上からの今のドブロブニクの眺め
suruji3

青い空が印象的でした。
ロープーウェイも内戦で破壊されたため、2010年に復旧したところなんですよ。
suruji5


ロブリエナッツ要塞の入り口に掲げられている言葉・・・

「世界中の黄金をもってしても自由は売らず」

内戦で破壊され、ユネスコの危機遺産リストに登録されたドブロブニクが市民の手で再建され、今多くの観光客でにぎわう街になっています。
スルジ山からの眺めも素敵ですが、この博物館で「今」の姿がどれほど多くの人の努力の結果であるかを知った後見る街の景色はまた一段と輝いていました。
suruji7


今日も読んでくれてありがとう☆


ご訪問ありがとうございます♪
↓ぽちっと応援して頂けるとうれしいです!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ banner

theme : 海外旅行
genre : 旅行

No title

こんにちは。
市民の手による再建。
歴史を知ると、景色が素敵なほど感慨深いですね。

No title

クロアチアもこんなにきれいなのにね(^^)
かなしい現実、ちいさな子供までが武器をもっていたなんて。
この景色を拝見してて、想像もできないのにね。
おひさまはきっと市民の味方ですね(^^)

No title

わー!四枚目やっぱり素敵❤
クロアチア、未チェックだったけど、すっごく行きたくなりました~

No title

内容を把握してみると考え深いですね。
もぐらは90年のイタリアワールドカップ以来ユーゴのファンだったから、内戦の時はショックだったなぁ~

マダム猫柳さま

コメントありがとうございます。

何気なく通り過ぎるのも、旅の楽しみだけど、
たまにはきちんと歴史を学んで旅をすることも大切だとしみじみ思いました。

キキコさま

コメントありがとうございます~

> クロアチアもこんなにきれいなのにね(^^)
> かなしい現実、ちいさな子供までが武器をもっていたなんて。
> この景色を拝見してて、想像もできないのにね。

そうなんですよね。
そして、たくさんの動物たちも被害にあったんでしょうね。

> おひさまはきっと市民の味方ですね(^^)

はい、これからも燦々と日の光がさし続けますように・・・

りこさま

コメントありがと~

> わー!四枚目やっぱり素敵❤

りこさんにそう言ってもらえるとうれしいわ~

> クロアチア、未チェックだったけど、すっごく行きたくなりました~

あ、私もりこさんの撮ったクロアチアが見たいデス~(^^)v

もぐら~さま

コメントありがとう~

> 内容を把握してみると考え深いですね。
> もぐらは90年のイタリアワールドカップ以来ユーゴのファンだったから、内戦の時はショックだったなぁ~

そうなんですよね。
第二次世界大戦とかと違い、ニュースで見ていたことが、本当にここであったんだ・・・と考えさせられました。
しばらく、映像(当時のビデオ)から、動くことができなかったのです。

歴史

これぞ本当の民衆パワーですね!
いい意味での『オラの町は誰にも渡せねえ!』って強い意志。
ホントのイケメン、イケウーメンの住む町、そんなイメージが重なって、海も町も山もさらにキラキラ見える気がします(^^)

管理栄養おたぬきさま

コメントありがと~

そうね~だからかな、街に力強さを感じました~
悲しみを乗り越えたキラキラなのかな~
また、行きたいな~
Secret

プロフィール

betipa

Author:betipa
旅行が大好きな飼い主と個性的な7にゃんそしてお姫様犬、ティーナの日記です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

リンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

ご訪問ありがとう☆

Tripadvisor

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました!!

クロアチア
旅行口コミ情報

月別アーカイブ